Keystone logo
オーストリア

勉強 アカデミックコース の オーストリア 2024

通貨を変更する

基本的な月額生活費

  • 共有アパートで借りる

    496
  • ユーティリティのシェア

    106
  • インターネットサブスクリプション

    33
  • 地元の交通機関

    50

サンプルのライフスタイルコスト

  • ファーストフードコンボ

    9
  • シネマチケット

    12
  • 地ビールのパイント

    4

ビザの要件

  1. 旅行ビザC(「シェンゲンビザ」):オーストリアおよび他のすべてのシェンゲン協定加盟国に最大90日間滞在することができます。
  2. ビザD(オーストリア国民ビザ、アウフェンハルツヴィズムD) -少なくとも91日から最大6か月の滞在。日本人の場合は不要です。
  3. Aufenthaltsbewilligung Studierende(学生のための一時滞在許可) - 6ヶ月以上の滞在。

どのタイプのビザが必要ですか?

ビザ名

旅行ビザC;ビザD;Aufenthaltsbewilligung Studierende

価格と通貨

EUR 71

  • ビザCの場合:71ユーロ
  • ビザDの場合:176ユーロ
  • 居住許可の場合:141ユーロ

価格は変更される場合があります。

誰がビザを申請できますか?

EUおよびEEA加盟国の国民、およびスイス国民は、オーストリアのビザは必要ありません。ただし、オーストリアに3か月以上滞在する場合は、オーストリアに入国してから3か月以内に入国管理局での登録確認である「Lichtbildausweis für EWR-Bürger/innen」を申請する必要があります。

他の外国人は、入国通知を受け取った後、オーストリアに入国する前に、オーストリア代表当局で留学目的の居住許可(Aufenthaltsbewilligung Studierende)を申請する必要があります。

どこで申請できますか?

オーストリア駐在員(大使館、総領事館)

オーストリアに旅行する前に、オーストリアの代表当局(大使館、総領事館)で直接学生ビザを申請する必要があります。

Webサイト:

アプリケーションの作り方は?

すべてのビザ申請者は、オーストリア大使館/領事館に直接出頭する必要があります。登録のために提出する書類は次のとおりです。

  1. 完全に記入され署名された申請書(代表当局から入手可能、インターネットからもダウンロード可能)
  2. 有効なパスポート(オーストリア滞在中ずっと有効である必要があります)
  3. パスポートサイズのカラー写真(3.5 x 4.5 cm以上4.0 x 5.0 cm)
  4. 出生証明書
  5. 善行証明書(利用可能な場合)
  6. 健康保険
  7. オーストリアの教育機関の入学通知
  8. 12か月前の生活費を賄うのに十分な経済的手段の証明(24歳までの学生の場合:426.57ユーロ/月、24歳以上の学生の場合:772.40ユーロ/月(これらの金額には、2009年の239.15ユーロまでの宿泊費が含まれます)、例:オーストリアの普通預金通帳/口座/オーストリアに住む人の保証の宣言/トラベラーズチェック
  9. 宿泊施設の証明(賃貸契約、学生寮との宿泊契約)。

オーストリアでは、入国後3営業日以内に市当局(メルデアムト:ゲマインデアムト、マギストラティッシェスベツィルクサムト)に登録することが義務付けられています。

いつ申請する必要がありますか?

短期ビザ(ビザD)の場合: 処理には15日かかります。ビザ申請は、理想的には出発の少なくとも3〜4週間前、出発の3か月前までに提出する必要があります。

長期ビザの場合: ビザ申請書はオーストリアに送られ、決定は自国で待たなければならないため、申請はオーストリアに到着する予定の少なくとも3か月前に提出する必要があります。居住許可の一般的な処理期間は、オーストリア当局から決定を受け取るまで3〜6か月です。

オーストリアでは、居住 権(居住許可証(Aufenthaltsbewilligung)と定住許可証(Niederlassungsbewilligung) のみ更新できます。元の許可の有効期限が切れる前に更新を申請する必要があります。更新に関する決定が下されるまでは、元の許可の有効期限が切れた後でも、オーストリアに滞在することができます。

処理時間

3 Months

仕事の機会

EU諸国、リヒテンシュタイン、アイスランド、ノルウェー、スイスの国民は、オーストリアで働くために労働許可証を必要としません。労働許可が与えられた場合、これらの学生は彼らの仕事の範囲に関して制限されません、すなわち、彼らの許可された仕事は季節労働または最低所得の仕事に限定されません(geringfügigeBeschäftigung)。労働許可の要件の1つは、雇用サービスに登録されている失業者が欠員を埋めることができないことです。

非EU諸国およびクロアチアからの学生は、外国人の雇用を管理する法律の対象となり、雇用許可(Beschäftigungsbewilligung)が必要です。第三国の国民である学生は、学士号プログラムで勉強している場合、週に最大10時間の労働許可を取得し、修士号プログラムの学生は、週に最大20時間の労働許可証で働くことができます。講義が行われない期間はフルタイムの雇用が可能です。労働許可証は、雇用開始の少なくとも6週間前に雇用主が雇用サービス(Arbeitsmarktservice、AMS)で申請する必要があり、特定の雇用主との特定の仕事にのみ有効です。

週数時間

10

なぜこのタイプのビザが必要なのですか?

必要な資金の証明を提示できない場合、または不正確または不完全な書類を提出した場合、ビザ申請は拒否される場合があります。