AW139初期型格付けインストラクター(EASA)

Coptersafety Oy

プログラムの説明

公式の説明を読む

AW139初期型格付けインストラクター(EASA)

Coptersafety Oy

AW139初期型格付けインストラクター(EASA)

(FSTDに限定)

Coptersafety初期型格付けインストラクターコースは、EASAのFCL規則

前提条件

申請者は、コースに参加するための前提条件を満たす必要があります

  • それぞれのAW139タイプの定格(SP TRIとMP TRIのSP)
  • MPヘリコプターパイロットとして350時間を含むヘリコプターパイロットとして1,000時間、または申請者が既にTRI-ME SPを有し、MP操作内のそれぞれのタイプで100時間

全体スケジュール

総所要時間:ca. 10日間

パート1

  • 指導と学習 - 25時間
  • MCCファクター-5時間

パート2

  • タイプ関連の理論命令 - 10h

第3部

  • シミュレータトレーニング
    • MP 10(オプション1)11h
    • SP 5

コンピテンシーの評価(シミュレータ) - 2時間

規約と条件

  • Coptersafetyはコースの理論とシミュレータ部分の確認済みのタイムテーブルを保証します
  • ヘルシンキ空港、フィンランドの隣にあるCoptersafety訓練施設で実施されたトレーニング
  • コースを確認する前に署名するトレーニング契約。トレーニング前の支払い
この学校か以下のプログラムを提供しています:
  • 英語


最後にJune 7, 2018を更新
期間&料金
このコースは、 大学キャンパスにて
Start Date
開始日
8月 2018
Duration
期間
10 日
全日制課程