組織優位性のための情報システムの使用

一般

講座の説明

組織優位性のための情報システムの使用

主な情報

  • コースコード:IS102AEB2
  • 所要時間:3日
  • 料金:£1590

コース概要

組織と情報システム

  • ISはどのようにスコープによって異なりますか?
  • エンタープライズシステムを介した部門別サイロの解決
  • 顧客関係管理(CRM)、エンタープライズリソースプランニング(ERP)、エンタープライズアプリケーション統合(EAI)
  • 企業間IS

ソーシャルメディア情報システム

  • ソーシャルメディア情報システム(SMIS)とは何ですか?
  • 組織戦略を推進するSMIS
  • 社会資本の増加
  • ソーシャルメディアのリスク管理
  • ソーシャルメディアはどこにいるのですか?

ビジネスインテリジェンスシステム

  • 組織はどのようにビジネスインテリジェンス(BI)システムを使用していますか?
  • BIプロセスの3つの主要な活動
  • データウェアハウスとデータマートを使用してデータを取得する
  • BIデータを処理する3つの手法
  • BIを公開するための代替案

ターゲットオーディエンス

この情報技術トレーニングは、次の目的に適しています。

  • 新興情報システム(IS)技術を評価し、評価し、ビジネスに適用したい人。
  • 彼らのニーズを満たすISを作成するためにシステム開発において積極的な役割を果たすことを望む人。
  • ISを採用して職務を遂行する方法を学ぶ必要のある人。
  • ISを使用してビジネス戦略を達成したい人。

学習成果

このコースを修了すると、次のことを理解することができます:

  • ISのレベルと各レベルが持つことができる問題。
  • 情報サイロの潜在的な問題と、ワークグループとエンタープライズレベルの両方でそれらを解決する方法。
  • CRM(顧客関係管理)、ERP(エンタープライズリソースプランニング)、EAI(エンタープライズアプリケーション統合)
  • クラウドを使用してエンタープライズ間システムをサポートする方法
  • ソーシャルメディアを使用して組織を支援する方法。
  • ソーシャルメディアが今後提示する課題と機会。
  • ビジネスインテリジェンス(BI)分析の3つの段階。
  • BIを取得、処理、公開するための一般的な手法。
  • BigDataの使用。

含まれるもの:

  • 18時間の教室でのトレーニング
  • アップルのiPad
最後に3月 2020を更新しました。

学校について

London Business Training & Consulting (LBTC) is the UK’s premier business and management training and consulting service provider. We cater to both individual and organisational clients from all o ... もっと読む

London Business Training & Consulting (LBTC) is the UK’s premier business and management training and consulting service provider. We cater to both individual and organisational clients from all over the world. 閉じる