2019年に出版されたサマースクールの産業用インターネット利用技術(ET-I2oT 2019)は、IoT(Internet of Things)のエレクトロニクス、電磁気学およびICT分野で6回のECTS(フロントレッスン48時間)学士(昨年)、修士および博士課程の学生、早期段階の研究者および学界または業界の実務家を対象としています。

レッスンは、イタリア、ピサのG. Caruso 16を経て、情報工学科(DII)の会議室で英語で行われます。

目的

レッスンは、ピサ大学工学部のAula Magnaで開催され、会議室やラボで利用できるすべての施設が利用されます。公用語は英語です。

最終試験が予見されます。試験に合格した後、ピサ大学は6 ETCS(European Credit Transfer System)の公式試験としてコースを登録します。確かに、学校はすでにヨーロッパのサマースクールのネットワークの一部である欧州レベルでの認定を取得しています。

サマースクールは、IoT、Industry 4.0、サイバー物理システム(CPS)、自律型車両、ロボットなどのシナリオで、エレクトロニクス、電磁気学、将来のワイヤレストランシーバ、システムおよびネットワークの技術を実現する近年の進歩についての理論的、実践的な教訓を提供します。

ロジスティック(例えば、RF識別)、自動車産業(例えば、接続車、高度運転支援システム、V2VおよびV2I無線通信、レーダー、ライダー)、産業または産業における自動化などの多くのアプリケーション分野において、無線回路およびシステムおよびインターネット技術は普及しつつある(例えば、無線センサおよびアクチュエータネットワーク)、スマート製造(例えば、産業4.0)、健康

最終試験が予見されます。試験に合格した後、ピサ大学は6ECTSの公式試験としてコースを登録します。

過去2016年、2017年、2018年の学校では、4大陸(ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカ)から、フェデリコファギン、マイクロプロセッサの父、フランコマロバーチ、 IEEE CAS会長Lorenzo Fioramonti、大学と研究の国家次官

教材は、IEEEの書籍「物事のインターネットのための有効化技術:無線回路、システム、およびネットワーク」、2018年、編集者:Sergio Saponara、ピサ大学、イタリア

ISBN:9788793609747

誰が応募できますか?

学士(昨年)、修士および博士号STEM(科学、技術、工学、管理)分野、早期段階の研究者および学界または産業界の実務家

言語

英語

プログラムの強さ

フルタイム

入学要件

CVをsergio.saponara@unipi.itに送る

VISAが必要な場合は、招待状をお送りします

ECTS

6

料金

500ユーロ

コーディネーター

Sergio Saponara教授

電子メール:sergio.saponara@iet.unipi.it

期間

2019年7月15〜20日

締め切り

2019年6月15日

こちらで受講可能な講座:
  • 英語
University of Pisa Summer & Winter Schools

26個のこのUniversity of Pisa Summer & Winter Schoolsのコースを見る »

最後に11月 22, 2018を更新しました。
このコースは、 大学キャンパスにて
Duration
6 日
全日制課程
価格
500 EUR