変化する文化の中で教会を再考する

一般

講座の説明

1960年代から現在に至るまでの「キリスト教英国の死」の証拠として、教会の会員数と出席者の劇的な減少について多くのことが書かれており、特に制度的教会の将来と「組織化された宗教」について疑問が投げかけられています。

このモジュールは、そのような「見出し」を超えて、神学的および社会学的ツールの両方を使用して、21世紀の教会に特徴的な衰退と成長のパターンを理解し批評できるようにすることを目的としています。

英国の教会は、社会的、宗教的、文化的変化とヨーロッパ、アメリカ、そして発展途上国の状況というより広い文脈で「読まれる」でしょう。現代の教会が直面している課題と提供された対応の両方が、特にコミュニティ、使命、および省のパターンに関連して、批判的に検討されます。

このモジュールは、学生が現代文化の使命において教会を理解するために必要なツールを習得することを可能にします。それは教会である新しい方法を評価し、過去と現在の両方で教会の成長の異なるタイプを評価する機会を提供します。学生は、さまざまな文化について学び、解放の神学、黒の神学、緑の神学、現代の宣教の会話など、ミッションに関するさまざまな神学を探求することが奨励されます。

MAプログラムに参加していない方は、このモジュールを審査員として予約することを歓迎します。

最後に1月 2021を更新しました。

キーストーン奨学金

キーストーン奨学金にどんなオプションがあるかを見る

学校について

Sarum College is an ecumenical centre for Christian study and research where our passion is learning that nourishes the human spirit. Welcoming people of all faiths and none, we offer space and time f ... もっと読む

Sarum College is an ecumenical centre for Christian study and research where our passion is learning that nourishes the human spirit. Welcoming people of all faiths and none, we offer space and time for enquiring minds to grow in wisdom and courage. 閉じる