メディアアートの学士号

一般

講座の説明

テンプルの演劇、映画、メディア芸術大学のメディア芸術の学士号を取得して、デジタルメディアのあらゆる側面をより深く理解してください。ピクサーやパラマウントなどの映画スタジオ、またはウォルトディズニーカンパニーやワーナーブラザースなどの制作会社の成功をもたらしたメディアアートの制作と歴史に没頭します。

プロダクションデザイン、脚本と読書のスクリプト、ビデオ編集の複雑さを学び、映画とメディアの文化的影響について理解を深めます。コースは、とりわけエミー賞とオスカー賞にノミネートされた映画に取り組んだ受賞歴のある教員によって教えられています。

この4コース、14単位の学部証明書は、オーディオ、デジタルメディア、映画、ビデオ、および新興技術の研究と制作に関心のあるテンプルに在籍するすべての学生が利用できます。必要なコースは、映画とメディアアーツ専攻にカウントすることができます。

クラスとカリキュラム

メディアアートプログラムの学部証明書の学生は、4つのコースを完了します。

  • メディアアートI、
  • メディアアートII、
  • メディアと文化、そして
  • ニューメディアの調査。
最後に10月 2020を更新しました。

キーストーン奨学金

キーストーン奨学金にどんなオプションがあるかを見る

学校について

The School of Theater, Film and Media Arts (TFMA) is part of the Center for the Performing and Cinematic Arts at Temple University, which also includes the Boyer College of Music and Dance. Along with ... もっと読む

The School of Theater, Film and Media Arts (TFMA) is part of the Center for the Performing and Cinematic Arts at Temple University, which also includes the Boyer College of Music and Dance. Along with the Center, TFMA was created in 2012 to strategically align the Department of Theater and the Department of Film and Media Arts, both of which have thrived at Temple for more than four decades, bringing them together as a new academic unit under the Center for the Performing and Cinematic Arts. 閉じる