ACADEMICCOURSES.JP

アジア の エネルギーエンジニアリングの コース学習プログラム 2019 を探す

コースは、資格を持っているインストラクターの指導したで行われている授業です。コースの目的は、参加者の知識を増やせ、そして特定の専門分野における訓練を与えることです。 コースの長さ、複雑さ、内容、及び期間は大きく異なります。

製造業のブランチであると考えられるエネルギー工学は、社会にエネルギーサービスを提供することに焦点を当てています。エネルギー工学を学ぶ個人は、エネルギー効率を向上させる企業がエネルギー規制や研究を遵守だけでなく、近代的なエネルギー技術の実装を支援する方法を学びます。

世界で最大かつ最も人口の多い大陸として、アジアは民族、文化、環境、経済、歴史的関係、および政府システムの多種多様で構成されています。

アジア の エネルギーエンジニアリングの コース学習プログラム 2019 すべてを見る

エネルギーエンジニアリング, アジア で 2 の結果 Filter

夏/冬の学校「ミート石油地球科学」

Tyumen State Oil and Gas University
キャンパス 全日制課程 1 - 2 週 June 2019 ロシア Tyumen

大規模石油·ガス資源を持つ理論的·実践的セッション、研究センター チュメン

夏/冬の学校:西シベリアoildfields」開発の歴史:複雑な経路の段階

Tyumen State Oil and Gas University
キャンパス 全日制課程 1 今週 June 2019 ロシア Tyumen

チュメニ州石油ガス大学はシベリアや極東で唯一の大学です。 これは、1956年に設立されました。 今日約6万学生が70の部門で、ここで勉強しています。 その存在の大学の50年の間に