コース:動的なプレゼンテーションの設計とアニメーション化

一般

2 箇所のロケーションから選択可能

講座の説明

2020年6月18日〜19日

2020年9月24日から25日

2020年12月3-4日

動的なプレゼンテーションを設計およびアニメーション化する

サポートを設計し、簡単に具体化する

一般的な情報

目標

このトレーニングの最後に、参加者は次のことができるようになります。

  • 構造化されたプレゼンテーションを作成するには、
  • 目的と対象読者を定義して、プレゼンテーションのスレッドを作成し、
  • 観客を管理し、説得するために、俳優のテクニックを使って発表するように訓練する。

コンテキスト

セッションの前に、各参加者はPowerPointプレゼンテーションに参加するよう招待されます。PowerPointプレゼンテーションは、1日目に「再訪」され、2日目に演劇俳優と一緒に状況に置かれます。

前提条件

このトレーニングの前に、参加者はPowerpointの従来の機能を使用できます(このトレーニングはオフィストレーニングではありません)。

公衆

書面および口頭でのプレゼンテーションの影響を強化したい共同研究者

レベル

すべてのレベル

119581_pexels-photo-1093913.jpegrawpixel.com /ペクセル

プログラム

わかりやすいです

執筆の軸

  • アニメーションサポートの再検討
  • 通信するメッセージを収集して構成する
  • プレゼンテーションの背景と構造を調整する
  • 5つのツールで効果的なメッセージを設計します。
    • 状況分析
    • プレゼンテーションの目的
    • 計画の構造
    • 導入と結論に焦点を当てる
    • 「フィルルージュ」の形式化
  • これらの5つのツールを実装して、最初のプレゼンテーションを再訪する
  • 関連する視覚媒体を設計する
  • 公衆の観点からメッセージの暗記、正確性、明確性を促進するためのベストプラクティスを実装する
  • 視覚資料の設計の黄金律を適用する

口腔の軸

  • 「アニメート」:口の軸
    • 体:呼吸、声、構音、保持
    • 心:沈黙、気分エネルギー、コミットメントジェスチャー
  • 「管理-納得」:コミュニケーションの軸
  • 契約条件を定義する
  • 主要ツールの特定による報告:管理、納得
  • 口頭コミュニケーションのツールを使用する:コミュニケーションの伝達
  • 書面および口頭でのコミュニケーション「グレートファイナルゲーム」の主な原則を実践する
  • 再考されたプレゼンテーションをアニメーション化する
  • 将来のメディアの主要な概念に依存する

追加情報

指導方法

教育学はに基づいています:

  • ピアグループの参加者との貢献、ワークショップ、交換の交替
  • 学習事例に基づいた状況、
  • パーソナライズされたアクションプラン、
  • 2日目の俳優のテクニックを使ったアニメーション(トレーナー

スピーカー

プロの効率に特化したコンサルタントトレーナー

最後に3月 2020を更新しました。

学校について

L’IFCAM est l’Université du Groupe Crédit Agricole, centre d’investissement et de développement du capital humain, au service des ambitions du projet de groupe CA. Créé en 1976, à l’initiative des Cai ... もっと読む

L’IFCAM est l’Université du Groupe Crédit Agricole, centre d’investissement et de développement du capital humain, au service des ambitions du projet de groupe CA. Créé en 1976, à l’initiative des Caisses régionales de Crédit Agricole, le périmètre de l’IFCAM s’est élargi en 2001, avec la création de l’entité Crédit agricole SA et l’intégration des filiales. 閉じる
モンルージュ , パリ + 1 もっと 閉じる